SEAGULL通信No.18の発行【神奈川県警察】

神奈川県警察より「SEAGULL通信No.18の発行」の周知依頼がありましたのでご案内致します。詳細は下記をご覧下さい。

我が国の企業や研究機関が保有する技術情報等は、民生品のみならず大量破壊兵器関連物資等を生産するための技術として軍事転用可能なものも多く存在します。

それらの技術情報を狙った営業秘密侵害事案(不正競争防止法違反)により海外へ技術が移転することは、我が国への安全保障上の脅威となります。 そこで、神奈川県警察では、産官学が連携したネットワーク「SEAGULL」を構築し、県内の産業を守るために様々な取組を実施するとともに、啓発資料を発出しています。

SEAGULL通信No.18
……米国原産の貨物や技術の再輸出規制について

バックナンバー

SEAGULL通信No.1
……産業技術情報流出防止ネットワークの概要について

SEAGULL通信No.2
……事業者の財産である「社外秘」の情報を守るためには

SEAGULL通信No.3
……産業スパイはあなたの身近に

SEAGULL通信No.4
……情報漏洩事例

SEAGULL通信No.5
……標的型攻撃メール

SEAGULL通信No.6
……本当にあった情報漏洩の話

SEAGULL通信No.7
……情報の持ち出しへの対策

SEAGULL通信No.8
……情報を盗むソーシャルエンジニアリングとは

SEAGULL通信No.9
……秘密情報を守るためには

SEAGULL通信No.10
……「水飲み場型攻撃」に注意!

SEAGULL通信No.11
……身近な脅威「サプライチェーン攻撃」

SEAGULL通信No.12
……テレワークによる情報漏えいのリスク低減に向けて

SEAGULL通信No.13
……コンピュータを扱う上で脅威となる「マルウェア」について

SEAGULL通信No.14
……機密情報が狙われて海外へ流出するケースについて

SEAGULL通信No.15
……産業スパイの手法の紹介

SEAGULL通信No.16
……サイバー攻撃の脅威

SEAGULL通信No.17
……松本警察庁長官が技術情報流出に関し注意喚起

SEAGULL通信 No18」を別ウインドウで開く