「病気になっても安心して働き続けることができる社会の実現に向けて」セミナー開催について
病気の治療と仕事の両立支援は、平成29年3月に公表された「働き方改革実行計画」の重要な柱の1つです。
平成30年10月には「治療と仕事の両立支援対策の推進について」(厚労省通達)が関係機関・団体等に通知され、治療と仕事の両立支援対策の一層の推進が求められています。治療と仕事の両立支援の取組は、健康確保だけでなく、労働者の安心感やモチベーションの向上による労働者の定着と生産性の向上、健康経営やダイバーシティの推進による組織や事業の活性化、企業の社会的責任(CSR)やワーク・ライフ・バランスの実現という重要な意義があります。
事業場における治療と仕事の両立支援対策神奈川県推進連絡会議(神奈川県両立支援推進チーム)は本年度も、両立支援対策の重要性に対する理解と企業・事業場での取組の促進に向け、著名な先生方からの御講演を頂くセミナーを開催いたします。
2020/1/17(金) 13:30~17:00
横浜第二合同庁舎1階  共用第1会議室
(横浜市中区北仲通5-57 )
参加費無料

 

①治療と仕事の両立支援を進めるために~職場・医療機関・支援機関それぞれの調査から見えてきたこと
北里大学医学部公衆衛生学教授・医学博士 堤 明純
②がん等治療と仕事の両立支援~就労継続のためにすぐにできること~
日本キャリア開発協会(JCDA) 治療と仕事の両立支援プロジェクトリーダー キャリアコンサルタント 砂川 未夏
③中小企業における治療と仕事の両立支援の実践~これまでの取り組みと今後に向けた課題~

藤沢タクシー(株)代表取締役社長 看護学博士 根岸 茂登美

申し込み、詳細は こちら から