マッチング交流会事前セミナーを開催しました。

2018年10月23日(火)、横浜市の神奈川県中小企業センター13階 第2会議室にて、中小企業診断士・辰野博一氏によるマッチング交流会事前セミナーが「20分を有効活用するためのヒント」と題して開催されました。このセミナーは当事務局主催のマッチング交流会参加者を対象とした事前セミナーという位置づけで、交流会の限られた商談時間20分を有効に使うためのスキルアップを目的としたものです。当日は神奈川県内のものづくり補助金採択事業者、組合員事業者、I・TOP横浜への参画事業者から、20名を超える方々にご参加いただきました。

冒頭、辰野講師より、通常の商談における流れと、20分間という限られた時間で成果を出す為の方法の違いについて説明がありました。続いて、講義は次のような流れで行われました。

①商談の目的と目標(ゴール)を設定する
②目的と相手に合わせた準備(商談材料、資料)
③当日のシミュレーション

まず「①商談の目的と目標(ゴール)を設定する」について講義が行われました。
商談の目的は、自社の売り込みと相手企業のリソース活用であること、目標は次回の約束取りつけや宿題の設定である旨の説明がなされました。それに基づきワークを行い、マッチング交流会に向けた参加者個々の具体的な目的と目標を設定しました。

休憩を挟み②③の講義が行われました。
まず、目的と相手に合わせた準備として、実際にマッチング交流会で使用する企業紹介シートを用いて、相手を理解する重要性とその具体的な方法について講義が行われました。併せて、相手に合わせて効果的な商談を行うための準備について、資料の作り方を含めて解説がありました。

続いて、当日のシミュレーションとして、導入~ヒアリング~プレゼン~クローズそれぞれのポイントの解説が行われました。その後2回目のワークとして、各社ごとに商談の目標と当日までの準備を設定しました。最後に、トークスキルの確認と商談後のフォローについて講義があり、約2時間の勉強会を終了しました。

今回はワークを取り入れて、設定内容の発表や質疑応答を行ったことにより、活発な意見効果が為されました。自社では気づかない切り口や、考え方もお互いに得る事が出来て大いに刺激を受けたという声も頂き、有意義な場とすることができたようです。